前へ
次へ

受け継ぐことがあるトロフィーはどんなものか

トロフィーの中には大会やコンクールの優勝者に記念品として贈呈をするものだけではなく、大会やコンクールがあるたびにいったん主催者に返却をするというシステムを取っているところがあります。
トロフィーにリボンをつけて、そこに何回目の大会なのか、どこの団体が優勝をしたのかなどを記載して、結んでおくというシステムです。
そうなると代々トロフィーを受け継ぐということになりますし、名前が記載されているリボンの本数を増やしたいという気持ちにもなってくるでしょう。
歴史のある大会の場合には、トロフィーを受け継ぐという形式を取っていることがあります。
歴史がある大会であれば、トロフィーも劣化をしてしまったり、歴史を感じるものになっていることがあります。
あまりにも劣化をしていても、それが歴史を語るものとして手にしたいという気持ちにもなるようです。
トロフィーを受け継ぐというのは優勝をした人、団体のみに許されることなので、より努力をする気持ちにもなるようです。

Page Top